奈良県で弁護士に債務整理を依頼した際の体験談

私が奈良県で大きな借金をして弁護士に債務整理の依頼をした時の体験談です。私は昔から両親に何でも購入してもらってきた事もあり、大人になってからもその癖は治りませんでした。社会人となりクレジットカードを取得してからもその傾向は変わらずショッピングクレジットで購入してはリボルビング返済をしていました。ある日大怪我をして多額のお金が必要になり、手持ちの現金がなくキャッシングをしてしまいました。そのような事を繰り返していたらクレジットカードの借金が400万以上になっており、弁護士に債務整理を依頼しました。
弁護士からあなたはまだ若いから自己破産ではなく、クレジットカード会社に自分自身で電話をして、金利を下げてもらうようにしてもらってください。
それと買い物をし過ぎないようにとかなり厳しく指摘されました。
それからクレジットカード会社に電話をして、金利手数料を下げてもらうように交渉をしました。
そうしたらクレジットカード会社からも厳しい指摘は受けましたが、金利手数料を半分まで下げてもらう事が出来ました。
今では現金で質素な生活を送っています。指摘してくれた弁護士やクレジットカード会社の担当者には感謝しています。