栃木県地方裁判所で自己破産の手続きを経験しました

収入が激減したことで借金の返済が出来なくなりました。借金をした理由は、習い事をしたかった、引越し費用が必要だった、冠婚葬祭などでお金が必要だったなどで、借金相談をした時も、このように答えたのです。
借金相談は地元栃木県の中に在る弁護士事務所でした。
対応してくれた弁護士は、こちらの立場になって話を進めてくれる法律の専門家で、状況などを踏まえた場合、自己破産をするのが最善だと言う事でした。因みに、自分の借金は浪費では無かったので、自己破産の手続きが出来ると言う事を教わりましたが、ギャンブルや浪費などが原因で返済が出来なくなった場合、裁判所に破産申し立てを行っても手続きが出来ない事があるそうです。自分の場合は返済が出来ないほど収入がゼロに近かったため、自己破産の手続きを勧められたのですが、破産の申し立ては地元栃木県の地方裁判所で行うと言われましたが、自分が裁判所に出向く必要はなく、債務整理を依頼した弁護士が自分の代理人となって借金問題を解決してくれるとのことでした、。相談をしただけでも気持ちが楽になりましたが、着手して貰う段階になると破産をしなければならないけれど、免責が下されることで全ての債務がゼロになると言う安堵感を持ちました。
女性が知らない"お金の増やし方と使い方" | プレジデントオンライン ...
プレジデント ウーマン 2017年7月号が発売になりました。特集の編集担当から最新号の見どころをご紹介します。友だちと、できない話ってあ…(続きを読む)